コンセプト

「自分を見つめるひと」と共に歩みます

氣功神田は、病や困難からあなたの本質、価値、役割、を再確認し「気づく」ことで、新たな未来を作る「今」の在り方を一緒に見つけてゆきます。

kindle書籍

質の高い人生を生きる〜コロナ禍の先の世界〜
神田一郎(著)

私達は、未知のウイルスにライフスタイルの変更を余技無くされています。
渦に巻かれず、本来の人間の力を発揮し、質を高く生きる、在る事が大切であると感じ本書を作成させて頂きました。
氣とは意識・思うことです。氣功は気づきを積み重ね、自身の中の宝に気づき、向上することです。
気づきは意識を変え、循環を呼び、それぞれの豊かさを生きる世界を創造します。


強み

氣功神田は、氣を信じる方ならどなたでも、氣功ができるよう育てる事ができます。
日本中、世界中のいつでも、どこでも、氣を送り届けることが可能です。
20年氣功を学び実践し気づきわかったことは、正しく伝承された事ができている時は、より明確に氣が動き、発し、明確に感じられることです。元々は氣に鈍感でしたので、余計にわかるようになりました。
多くの方は、伝えられている型が少しでも違うと氣を感じにくいですが、正しい形がより正しく伝わると、氣功は上達が早いです。

氣功神田の使命

  • 世界中の一家に一人、氣功家を育てます。
  • 世界中に氣功を伝承できるプロを育てます。
  • 人を育て、氣を循環し、世界・国・地域の平和と、あなたの幸せを目指します。

氣功神田の氣功は、学んでも、施術を受けても「受け手を育てる氣功」。自分と向き合い、進歩・成長を望む方に最適です。
ご自身にとって無理なく生きられ、自己愛に満ち、氣を循環できるようになることが、育つということです。

愛とは自分の心からの意思や想い。氣は思うこと。自分が主体に決めて行動することは自己愛であり、感謝と喜びを生みます。
愛は無意識に人に伝わり、伝えられたひとがまた伝え、いつの間にか自分に還って生かされます。それが氣の循環です。

氣功を伝え、仲間を増やし、循環することが、世界を平和と幸せに導くと考えます。
世界はいつも調和しています。空や海はただ在ります。正しさをぶつけ合えば争いになります。人間も同様です。氣功では、純粋に自分の想いのまま、ただ在ることを目指します。

病も調和の証です。
身体・無意識は、私達の思考よりずっと身体・心の状態をわかっています。動かせば壊れるから身体は病気を作り、行動を止めます。そうして不調と調和し、生命の危機から私達を守っています。ですから、アンバランスの気づきと在り方の変化が大切になります。

誇り

氣功神田は、「氣」と「医」と「気づき」であなたの新しい未来作りに寄り添います。
病、不調、トラブルは「今の在り方の結果」であり、気づきのチャンスです。気づきさえすれば誰でも修正ができます。
「今と違う」在り方(自分自身の魂にとって無理のない正しい在り方)が、あなたを生き生き輝かせる未来を作ります。

プロフィール

1995年
静岡県立富士宮北高等学校 卒業
1999年
浜松大学 卒業
2001年
無二会にて遠藤正浩氏に師事 氣功を始める
2004年
常葉学園医療専門学校 作業療法学科 卒業
2004~2017年
医療法人財団 百葉の会 湖山病院 リハビリテーション部 勤務

高校生の時から腰痛に悩み改善せず、大学時に手術を検討するも、これでいいのか?と迷っていた時、東洋医学に出会いました。その後10年はかかりましたが徐々に健康を取り戻しました。病を通して人生を考えるようになり、自身の内面や外との関係性にも悩んだ青春時代を過ごしましたが、氣功に出会えたお陰で本来の自分を取り戻し、今は氣功を通じて出会う方達と一緒に進歩・成長できることが喜びとなりました。